データを読む 日本代表

【2003-現在】ラグビー日本代表の進化を「世界ランキング」推移で読む。20位から最高6位に!

2022年12月12日

【2003-現在】ラグビー日本代表の進化を「世界ランキング」推移で読む。20位から最高6位に!

ラグビー日本代表の進化を「世界ランキング」の推移から見て見ましょう。世界ランキングが導入された2003年末は20位。そこから2019年には過去最高位をマークしました。グラフ推移あり。

シックスネーションズ・スーパーラグビー
「WOWOW」なら全部観れる!

【1ヶ月無料】今すぐ申し込む

2003年は20位

世界ランキングが導入された2003年末の数字が61.42ポイント、20位でした。以降ポイントが大きく動くワールドカップがトリガーになってじわじわと上昇していきます。

2007年末が65.34ポイント、18位に。この年のワールドカップでは日本代表は最終カナダ戦でW杯13連敗という不名誉な記録に終止符を打つ、貴重な引き分けを得ました。

名将エディー・ジョーンズが日本代表ヘッドコーチに就任した、2011年末は70.45ポイント、15位でした。

そこからエディーHCが率いて初のW杯3勝を果たした2015年末には77.14ポイント、10位までジャンプアップ。

過去最高は2019年の6位

さらにジェイミー・ジェセフ政権下で、W杯4勝という快進撃を見せた2019年末には79.29ポイント、8位になりました(順位は同年10月に一時、史上最高位となる6位まで上昇)。

そこから2022年現時点(11月末)の数字は77.39ポイント、10位となっています。この約20年で10位、16ポイント上昇、という結果になりました。

世界ランキング一桁、80ポイント台の壁が厚く、この壁を破って「ティア1」に定着できるかが日本ラグビーの次の目標と言えそうです。

PICKUP

1

いよいよ12月17日に2シーズン目が開幕する日本ラグビー最高峰「リーグワン」。昨シーズンに引き続き強力な外国人選手が集結しています。今シーズンは、南アフリカ代表を筆頭に南半球出身の有力選手がズラリ。そ ...

オーストラリア高校代表に選ばれたヘル 2

各国から実力者が集う、リーグワンでひときわ大きなインパクトを残している選手が、クボタスピアーズに所属するオペティ・ヘル。トンガ出身のプロップで、巨体を活かした豪快な突進でスタジアムを沸かせています。 ...

3

2季目を迎えるラグビーの最高峰リーグ「リーグワン」が12月17日(土)に開幕。DIVISON1~3全試合の日程・結果・TV放送(地上波含む)をまとめます。 ※ページは随時更新 DIVISION1日程・ ...

-データを読む, 日本代表
-