データを読む 日本代表

【2003-現在】ラグビー日本代表の進化を「世界ランキング」推移で読む。20位から最高6位に!

【2003-現在】ラグビー日本代表の進化を「世界ランキング」推移で読む。20位から最高6位に!

ラグビー日本代表の進化を「世界ランキング」の推移から見て見ましょう。世界ランキングが導入された2003年末は20位。そこから2019年には過去最高位をマークしました。グラフ推移あり。

2003年は20位

世界ランキングが導入された2003年末の数字が61.42ポイント、20位でした。以降ポイントが大きく動くワールドカップがトリガーになってじわじわと上昇していきます。

2007年末が65.34ポイント、18位に。この年のワールドカップでは日本代表は最終カナダ戦でW杯13連敗という不名誉な記録に終止符を打つ、貴重な引き分けを得ました。

名将エディー・ジョーンズが日本代表ヘッドコーチに就任した、2011年末は70.45ポイント、15位でした。

そこからエディーHCが率いて初のW杯3勝を果たした2015年末には77.14ポイント、10位までジャンプアップ。


【PR】株式会社ジェイ・スポーツ

6~7月の日本代表戦放送
学生ならさらに半額

JSPORTSオンデマンド


過去最高は2019年の6位

さらにジェイミー・ジェセフ政権下で、W杯4勝という快進撃を見せた2019年末には79.29ポイント、8位になりました(順位は同年10月に一時、史上最高位となる6位まで上昇)。

そこから2022年現時点(11月末)の数字は77.39ポイント、10位となっています。この約20年で10位、16ポイント上昇、という結果になりました。

世界ランキング一桁、80ポイント台の壁が厚く、この壁を破って「ティア1」に定着できるかが日本ラグビーの次の目標と言えそうです。

オススメ記事

1

冬の花園、過去5大会で3度の全国優勝。高校ラグビー界で"東のヨコヅナ"という異名を持つ東日本屈指の強豪校、桐蔭学園の勢いが止まらない。「名将論。」第2回のゲストは、コーチ時代も含め約30年に渡って同校 ...

2

リーグワンDIVISION1~3全チームの新加入・退団選手をまとめている。 新加入選手、退団選手ともに2024年中にリリースがあった選手名を記載している。2024-25シーズンからの新規参入チーム、ル ...

-データを読む, 日本代表
-

リードラグビー