ワールドカップ 日本代表

【フランスW杯】日本代表初戦。チリの気合に苦しむも、終わってみれば6トライの快勝!

2023年9月10日

【フランスW杯】日本代表初戦。チリの気合に苦しむも、終わってみれば6トライの快勝!

写真:©JRFU

いよいよラグビー日本代表のワールドカップがスタート。10日、プールDの初戦チリ戦に42-12で勝利した。先制トライを許すなど序盤はチリのアグレッシブなラグビーに苦しんだが、その後は持ち直して反撃に出た。最終的には6トライ、ボーナスポイントを獲得する快勝になった。

序盤はチリが積極的に攻め込み、日本のディフェンスを崩す場面が多かった。6分にはチリのFBアジャルサが自陣からラインブレイクしてトライを演出、先制されてしまった。

しかし、日本はすぐに反撃した。直後、LOファカタヴァが敵陣でのラックからボールをもらうと、バックス並のスピードで一気にインゴールへ。この日全成功だったスタンドオフの松田のゴールキックも決まって7-7と同点に。

その後WTBナイカブラもトライを1本決め、前半終了間際にファカタヴァが再び輝いた。今度はモールから押さえてトライ。21-7で前半を折り返した。

後半、日本はCTBライリーがシンビンとなった間に1トライを返されたが、そこからは日本が速いテンポのラグビーでペースを握った。徐々にフィットネスで差が出てきて、チリは足をつる選手が続出した。

53分にはFLリーチが連続攻撃からフィニッシャーとなった。71分にはCTB中村がスクラムからSH齋藤とのスイッチプレーでインゴールに飛び込んだ。そして試合終了間際には、身長202cmの新星、LOディアンズが密集から押し込んでダメ押し。

終わってみれば6トライの圧勝。ボーナスポイントを獲得して勝ち点5というこれ以上ない初戦の結果となった。

次戦は9月18日にイングランド代表と対戦する。難敵だが、エディーHCが去った「ラグビーの母国」にはスキが生まれている。

チリ戦で課題となった密集サイドのミスタックルの多さやボール継続の精度を見直し、果敢に挑戦してほしい。

オススメ記事

1

冬の花園、過去5大会で3度の全国優勝。高校ラグビー界で"東のヨコヅナ"という異名を持つ東日本屈指の強豪校、桐蔭学園の勢いが止まらない。「名将論。」第2回のゲストは、コーチ時代も含め約30年に渡って同校 ...

2

3シーズン目を迎えるリーグワン。今年はワールドカップイヤー。フランス大会決勝でも火花を散らした、南アフリカ・ニュージーランドのスター選手が続々と参戦しリーグに彩りを添える。両国選手を中心に、ファン必見 ...

3

リーグワンDIVISION1~3全チームの新加入・退団選手をまとめている。 新加入選手については、2023-24シーズンから加入する選手と、2024年春卒業予定の大卒ルーキー、2023春卒業の新人選手 ...

-ワールドカップ, 日本代表
-,

リードラグビー