リーグワン

【スピアーズ】確実に、パワフルに任務遂行。イーグルスを1トライに抑え"えどりく"15連勝飾る

【スピアーズ】確実に、パワフルに任務遂行。イーグルスを1トライに抑え"えどりく"15連勝飾る

写真:JRLO

リーグワン、今週のマッチレポートはDIVISION1の上位対決。前節終了時点で2位のクボタスピアーズ船橋・東京ベイが"えどりく"ことホームの江戸川区陸上競技場で同3位の横浜キヤノンイーグルスを迎え討ちました。12月の前回対戦は27-27のドロー。果たして今回は。

スピアーズ強力FWが膠着やぶる

▲先制トライをあげたマークス。力強く正確
写真:JRLO

この日はしばらく続いた春の陽気から一転、冷たい雨が選手の体力とボールコントロールを奪う厳しい天候に。

両チーム、キックを中心にゲームを組み立てますが、ミスからなかなかスコアが動きません。

膠着をやぶったのはスピアーズの強力FW。前半終了間際、敵陣22mに迫ったラインアウトでモールを形成。HOマルコム・マークスが最後尾からボールを持つと、そのままオレンジの塊を押し込みインゴールへ。5点を奪います。


【PR】株式会社ジェイ・スポーツ

リーグワンが観放題!
学生ならさらに半額

JSPORTSオンデマンド


イーグルスは後半の入りで取り切れず…

▲この日も躍動感あふれるプレーを見せていたデクラーク
写真:JRLO

後半開始早々、イーグルスは敵陣に入って得点チャンス。SHファフ・デクラークがトライラインを狙って高いキックを上げますが、相手SOバーナード・フォーリーがミス無くキャッチ。反対にキックの応酬からWTB竹澤正祥が危険なタックルをとられ一時退場となってしまいます。これが振り返って「命取り」(沢木HC談)に。

数的優位の状況でスピアーズは後半10分にLOルアン・ボタが1トライを追加。後半22分にもPGを決め15-0とします。イーグルスはスピアーズの分厚い攻守に阻まれ、試合終了間際にモールから1本返すのがやっとでした。

最終スコアは15-5。スピアーズがトップリーグ時代から数えての"えどりく"連勝を15に伸ばしました。

勝敗を分けた遂行力

試合後の記者会見で、スピアーズのルディケHCはキックゲームをミス無くこなしたHB団の「遂行力」を称えました。ほか、マークスはじめとしたパワフルなFW陣もセットプレーを安定させていたのが印象的でした。

対してイーグルスの沢木HCは自チームに足りない点として、今日のようなタイトな試合展開の中で「プレッシャーはあって当たり前。そのプレッシャーをいかに利用するか」というメンタリティをあげました。

【取材こぼれメモ】リーグでは青や赤のジャージーが多い中で、一際インパクトのあるスピアーズのオレンジカラー。この試合は、同色のポンチョを着た「オレンジーアーミー」と呼ばれるファンも"えどりく"を彩っていました。色のルーツはクボタの農機からとのこと。

オススメ記事

1

冬の花園、過去5大会で3度の全国優勝。高校ラグビー界で"東のヨコヅナ"という異名を持つ東日本屈指の強豪校、桐蔭学園の勢いが止まらない。「名将論。」第2回のゲストは、コーチ時代も含め約30年に渡って同校 ...

2

3シーズン目を迎えるリーグワン。今年はワールドカップイヤー。フランス大会決勝でも火花を散らした、南アフリカ・ニュージーランドのスター選手が続々と参戦しリーグに彩りを添える。両国選手を中心に、ファン必見 ...

3

リーグワンDIVISION1~3全チームの新加入・退団選手をまとめている。 新加入選手については、2023-24シーズンから加入する選手と、2024年春卒業予定の大卒ルーキー、2023春卒業の新人選手 ...

-リーグワン
-, ,

リードラグビー