日本代表

12連勝中フランスを止められるか。ラグビー日本はライリー&フィフィタの両ウィングが勝利のカギ握る

2022年11月19日

12連勝中フランスを止められるか。ラグビー日本はライリー&フィフィタの両ウィングが勝利のカギ握る

写真:7044sueishi/アフロ

ラグビー日本代表は11月20日(日)、今年最後のテストマッチを世界ランキング2位のフランスと敵地・トゥールーズで戦います。「レ・ブルー」の愛称で知られるフランスは先日南アフリカを下し、12連勝中。来年の自国開催ワールドカップでの優勝を見据える難敵です。

対する日本も、10月”オールブラックス”に1トライ1ゴール差。7月のフランス代表との2連戦でも、23-42、15-20と接近。ティア1への勝利こそないものの、後一歩の戦いを見せています。日本代表の実力を初のフランス代表撃破という形で見せつけたい。負けられない一戦のマッチレビュー。

フランス伝統のシャンパンラグビーがパワフルに

フランス代表のお家芸が、湧き上がるようなサポートと華麗なパスワークで攻める「シャンパンラグビー」。そこに、太平洋諸島やアフリカにルーツを持つ身体能力が高い選手が増え、力強さが加わった印象です。

仏FWの注目 ウイニ・アトニオ

まず、セットプレーで相手を制圧し、個々の走力もあるフォワードを要警戒。その象徴的選手が、3番/プロップでの先発が予定されているウイニ・アトニオ。身長 196cm、そして体重145kgという規格外のビッグマン。

▲規格外のビッグマン、アトニオ 写真:クリエイティブコモンズ

スクラム、ボールを持ってのぶちかましでチームに勢いを与えます。ニュージーランド・サモアにルーツを持ち、U20サモア代表として日本で行われたワールドカップに参加した経験も。コアなファンの方は当時の姿を覚えている方もいるかもしれません。

仏BKの注目 ダミアン・ペノー、セク・マカル

バックスの注目選手もあげてみます。14番/ウィングに入ったダミアン・ペノーはゴムマリのような弾力のある走りでトライを量産。7人制代表として、東京五輪のメンバーに入った経験も。2021年スコットランドから奪ったトライは、ワールドラグビーの”年間最優秀トライ”にも選ばれています。

さらにリザーブとして控える21番のセク・マカルも怖い。所属チームのスタッド・フランセではフォワードですが、その走力を買われウィング起用されています。身長195cmでストライドが大きく、なかなか一人では止まりません。前戦の南アフリカ戦でも後半から入り大暴れを見せていました。アフリカにルーツを持つ選手のよう。

日本代表は耐えて耐えて耐えたい。歴史的勝利を

日本の注目① ライリー&フィフィタ

対する日本代表はこの試合、ディラン・ライリー、シオサイア・フィフィタとセンターが本職の選手を二人をウィングに先発起用。フィジカル重視、ディフェンス重視の起用と見ます。先述のペノー、マカルとどう対峙するか注目です。ライリーは先週のイングランド戦でも良い動きを見せていました。

▲好調を維持するディラン・ライリー 写真:7044sueishi/アフロ

二人はディフェンスの裏に転がすキックも巧み。ジェイミー・ジョセフヘッドコーチは、ウィングからのキックを交えたスペシャルプランを用意しているのではないでしょうか。フランスの裏をかいてトライラインを越えたい。

日本の注目② フロントロー

また、先週崩れたスクラムもポイントとなります。日本代表のフロントローはイングランド戦からメンバーチェンジなし。

反省点を踏まえて、どこまで修正してくるのか。アトニオはじめ重量ある相手フォワードに対して”崩れない””押されない”スクラムを組みたい。

守る時間が長くなる一戦になるでしょう。

セットプレーで耐え、ラインディフェンスでもダブルタックルで耐えたい。どこまでロースコアの展開に持っていけるか。

大手ブックメーカー・ウィリアムヒルによると、この試合フランス勝利が1.04倍、日本勝利が11倍、引き分けが51倍となっています。下馬評を覆して、対フランスへの歴史的初勝利を期待します。

日本代表 試合メンバー一覧

背番号ポジション名前所属チーム身長体重キャップ
1PR稲垣啓太埼玉パナソニック18611644
2HO坂手淳史 ※キャプテン埼玉パナソニック18010432
3PR具智元コベルコ神戸18412220
4LOワーナー・ディアンズ東芝ブレイブルーパス2011176
5LOジャック・コーネルセン埼玉パナソニック19511011
6FLリーチマイケル東芝ブレイブルーパス18911377
7FLピーター・ラブスカフニクボタスピアーズ船橋・東京18910614
8No.8姫野和樹トヨタヴェルブリッツ18711224
9SH齋藤直人東京サントリー1657310
10SO李承信コベルコ神戸176855
11WTBシオサイア・フィフィタ花園近鉄ライナーズ18710511
12CTB中村亮土東京サントリー1829232
13CTB中野将伍東京サントリー186985
14WTBディラン・ライリー埼玉パナソニック1871029
15FB山中亮平コベルコ神戸1889826
16HO堀越康介東京サントリー1751006
17PRクレイグ・ミラー埼玉パナソニック1861168
18PR竹内柊平浦安D-Rocks1831152
19LOヴィンピー・ファンデルヴァルトNTTドコモ大阪18811221
20No.8テビタ・タタフ東京サントリー18312414
21SH流大東京サントリー1667529
22SO中尾隼太東芝ブレイブルーパス17686-
23WTB松島幸太朗東京サントリー1788746

フランス代表 試合メンバー一覧

背番号ポジション名前所属チーム身長体重キャップ数
1PRレダ・ワルディラ・ロシェル1851101
2HOギョーム・マルシャンリヨン183102-
3PRウイニ・アトニオラ・ロシェル19716242
4LOキャメロン・ウォキラシン9219610918
5LOロマン・タオフィフェヌア卜ゥーロン20013337
6FLアントニー・ジェロンチトゥルーズ19310521
7FLシャルル・オリヴォン ※キャプテン卜ゥーロン19911427
8NO8グレゴリー・アルドリットラ・ロシェル19111533
9SHマキシム・ルクボルドー・ベグル1777910
10SOロマン・ヌタマックトゥルーズ1868630
11WTBヨーラム・モエファナボルドー・ベグル1829710
12CTBジョナサン・ダンティスタッド・ロシェル18111017
13CTBガエル・フィクーラシン9219110073
14WTBダミアン・プノークレルモン1929536
15FBトマス・ラモストゥルーズ1788619
16HOペアト・モーヴァカトゥルーズ18412418
17PRダニー・プリゾ卜ゥーロン18211217
18PRシピリ・ファラトーボルドー・ベグル1841166
19LOフロリアン・ヴェラーゲモンペリエ203110-
20LOバティスタン・シューローブルーズ2021181
21FL/WTBセク・マカルスタンドフランセ19510810
22SHバティスト・クイユーリヨン176789
23SOマチュー・ジャリベールボルドー・ベグル1818619

PICKUP

オーストラリア高校代表に選ばれたヘル 1

各国から実力者が集う、リーグワンでひときわ大きなインパクトを残している選手が、クボタスピアーズに所属するオペティ・ヘル。トンガ出身のプロップで、巨体を活かした豪快な突進でスタジアムを沸かせています。 ...

-日本代表
-, , ,