ワールドカップ

「フランス国民の90%がラグビーに好印象」2023W杯は過去最高の盛り上がりか

「フランス国民の90%がラグビーに好印象」2023W杯は過去最高の盛り上がりか

写真:クリエイティブ・コモンズ

間もなくサッカーワールドカップドーハ大会が開催するが、ラグビーワールドカップフランス大会も残り1年を切った。フランス国民の意識調査から、かつてない盛り上がりが期待されている。

ラグビーはフランスで最も評価が高いスポーツ

ワールドラグビーは、ファンとチケット購入者の意識調査の結果を発表。

まず目を引いたのが、ラグビーは「フランスで最も評価されているスポーツ」という結果だ。

フランス国民1500人を対象に行なった調査で、ラグビーに良い印象を持っているのは全体の90%という数字。2位のハンドボールが73%、3位の柔道が70%と、国内で一番競技人口の多いサッカーは67%と、他のスポーツと比べても頭ひとつ抜けている。とくに南西部では熱狂的な人気があるようだ。

▲BVA社がフランス国民1500人に行った調査結果より

また、90%の国民がワールドカップの開催を支持し、75%が大会を観戦または結果をフォローする予定である、という数字も。

さらにチケット購入者のデータから、60万人もの海外からの訪仏者が見込まれている。今回のサッカーカタールワールドカップが約150万には届かないものの、こちらも大きな数字だ。

ラグビーに好意的なフランスで行われるワールドカップは記録的な盛り上がりになりそうだ。

オススメ記事

1

冬の花園、過去5大会で3度の全国優勝。高校ラグビー界で"東のヨコヅナ"という異名を持つ東日本屈指の強豪校、桐蔭学園の勢いが止まらない。「名将論。」第2回のゲストは、コーチ時代も含め約30年に渡って同校 ...

2

3シーズン目を迎えるリーグワン。今年はワールドカップイヤー。フランス大会決勝でも火花を散らした、南アフリカ・ニュージーランドのスター選手が続々と参戦しリーグに彩りを添える。両国選手を中心に、ファン必見 ...

3

リーグワンDIVISION1~3全チームの新加入・退団選手をまとめている。 新加入選手については、2023-24シーズンから加入する選手と、2024年春卒業予定の大卒ルーキー、2023春卒業の新人選手 ...

-ワールドカップ
-

リードラグビー