日本代表

ラグビー日本代表、イングランドに52失点の完敗。スクラム、キックで重圧

ラグビー日本代表、イングランドに52失点の完敗。スクラム、キックで重圧

11月12日、ラグビー日本代表とエディー・ジョーンズHC率いるイングランド代表のテストマッチ(オータムネーションズシリーズ)がトゥイッケナムで行われました。日本は6トライを奪われ、13-52と敗戦。来年のワールドカップの"前哨戦"はイングランドに軍配が上がりました。

スクラムとキックでプレッシャーを受けた

日本代表は再三、スクラムとキックでプレッシャーをかけられる苦しい展開に。

スクラムに自信を持つ、3番の具智元が耐えきれず前半だけで3度のペナルティーを犯してしまいます。イングランドのファーストトライは、そのスクラムのペナルティーから自陣に攻め込まれたもの。試合を通じて、強力フォワードの相手に押し込まれました。

また、イングランドは徹底したキック戦術でプレッシャーをかけてきました。ボール支配率は日本が55%、イングランドが45%と上回りましたが、"ボールを持たされている"状態で攻めきれません。

苦しい試合展開にあってディアンズなど希望も

結局日本のトライは、ワーナー・ディアンズが密集から抜け出し、齋藤直人につないだ1トライのみ。苦しい試合展開にあってディアンズや、ランで見せたデビタ・タタフ、ディラン・ライリーら個々に光る選手はいました。

イングランドは「キーマン紹介」でも名前をあげた、オーウェン・ファレルが全7本のゴールキックをすべて決めるなど15得点の活躍。他、フレディ・ステュワートも196センチ107キロの体格をいかしてファーストトライをあげるなどこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに。

日本はチームとしての完成度を高めて、イングランドと来年のW杯までどこまで距離を詰められるか。来週はフランスとのテストマッチを戦います。


オススメ記事

1

冬の花園、過去5大会で3度の全国優勝。高校ラグビー界で"東のヨコヅナ"という異名を持つ東日本屈指の強豪校、桐蔭学園の勢いが止まらない。「名将論。」第2回のゲストは、コーチ時代も含め約30年に渡って同校 ...

2

3シーズン目を迎えるリーグワン。今年はワールドカップイヤー。フランス大会決勝でも火花を散らした、南アフリカ・ニュージーランドのスター選手が続々と参戦しリーグに彩りを添える。両国選手を中心に、ファン必見 ...

3

リーグワンDIVISION1~3全チームの新加入・退団選手をまとめている。 新加入選手については、2023-24シーズンから加入する選手と、2024年春卒業予定の大卒ルーキー、2023春卒業の新人選手 ...

-日本代表
-, ,

リードラグビー