ワールドカップ 海外

【フランスW杯】アイルランドまたしてもベスト4の壁破れず。死闘の末ニュージーランドに敗戦

【フランスW杯】アイルランドまたしてもベスト4の壁破れず。死闘の末ニュージーランドに敗戦

ワールドカップフランス大会、舞台は決勝トーナメントへ。10月15日に行われた1回戦(準々決勝)で、世界ランキング1位のアイルランドと過去3度の優勝を誇るニュージーランド"オールブラックス"が対戦。ラストワンプレーまで勝敗のわからない死闘となった。

序盤ペースを握ったのはニュージーランド。WTBファインガアヌクのトライなどで、21分までに13点を先取。そこからアイルランドもCTBアキのトライとペナルティゴールで反撃し1点差で追いかける展開。

後半、ニュージーランドにふたたび流れを引き寄せたのは、来季日本にやってくる(リーグワン・東芝ブレイブルーパス東京に加入)SOモウンガ。53分、らラインアウトからボールを受けたモウンガが自陣から相手ディフェンスを切り裂きブレイクすると、最後はWTBジョーダンに渡してインゴールへ。ゴールキックも決まって8点差にリードを広げた。

アイルランドも64分、モールから認定トライを奪って一時1点差まで詰め寄る。しかし、ニュージーランドもすぐさまペナルティーゴールを返し4点差に。そこからアイルランドはトライを決めれば逆転という状況で攻め続けるが、この日のニュージーランドはシンビンで14人になる場面も含めて最後まで穴が開かなかった。アイルランドはラストプレーで怒涛の連続攻撃をしかけるも、最後はボールに手をかけられ万事休す。24-28のスコアで試合終了。

アイルランドはテストマッチ17連勝がここでストップ。ワールドカップでは過去最高成績はベスト8進出。世界ランキング1位、過去最強の戦力で初の4強進出を狙ったがまたしてもはね返された。

オススメ記事

1

冬の花園、過去5大会で3度の全国優勝。高校ラグビー界で"東のヨコヅナ"という異名を持つ東日本屈指の強豪校、桐蔭学園の勢いが止まらない。「名将論。」第2回のゲストは、コーチ時代も含め約30年に渡って同校 ...

2

3シーズン目を迎えるリーグワン。今年はワールドカップイヤー。フランス大会決勝でも火花を散らした、南アフリカ・ニュージーランドのスター選手が続々と参戦しリーグに彩りを添える。両国選手を中心に、ファン必見 ...

3

リーグワンDIVISION1~3全チームの新加入・退団選手をまとめている。 新加入選手については、2023-24シーズンから加入する選手と、2024年春卒業予定の大卒ルーキー、2023春卒業の新人選手 ...

-ワールドカップ, 海外
-, ,

リードラグビー