データを読む リーグワン 大学

【最新ランキング】「リーグワン在籍選手の出身大学」TOP10!帝京が100人超輩出でダントツ1位

【最新ランキング】「リーグワン在籍選手の出身大学」TOP10!帝京が100人超輩出でダントツ1位

日本ラグビーの最高峰に選手を多く送り込む名門校はどこなのか?リーグワン在籍選手の出身校大学を高校に続いてリサーチ。際立つ帝京大学の強さ。

※対象チームはDIVISON1~3全チーム
※2月17日時点でリーグ公式HP に登録されていた選手が対象

1位帝京は100人超を送り込む

ランキング結果は以上の通り。

1位は帝京大学で119人。2位を30人近く引き離す大差に。帝京は2009年~2017年で9連覇という金字塔を打ち立てましたが、そのメンバーが中心です。

2位は明治大学で91人伝統的に高校日本代表クラスの高いポテンシャルを持つ選手が集まる大学で、リーグワン各チームにまんべんなく明治出身者が在籍しています。出身高校を見ると、報徳学園-明治大ラインが多く8人います。

3位は東海大学で73人。高校ランキング1位の東海大仰星からあがってくる選手が多く、73人中19人が仰星出身です。また伝統的にFWに強みを持つチーム。日本代表のリーチマイケル(札幌山の手高校)やデビタ・タタフ(目黒学院)などがチームカラーが現れている選手と言えます。


【PR】株式会社ジェイ・スポーツ

リーグワンが観放題!
学生ならさらに半額

JSPORTSオンデマンド


天理は高校に続いて5位以内に

4位は天理大学で52人。関西勢でトップ。高校ランキングで5位に入った天理高校出身者に加え、日本航空石川から来るトンガ出身選手が多くリーグワンで活躍しています。花園近鉄ライナーズに所属するシオサイア・フィフィタなどが代表格。

同率5位のひとつが早稲田大学で45人。ポジション・出身高校でみると桐蔭学園-早稲田のスクラムハーフの選手が4人と目立ちます。代表格は東京サントリーサンゴリアス所属で日本代表の齋藤直人。

同率5位のもうひとつが筑波大学で45人。国立大学でトップ。九州電力キューデンヴォルテクスに所属する選手が多くなっています。

大東文化も法政を抜きトップ10入り

7位は同志社大学で38人。クボタスピアーズ船橋・東京ベイ所属の選手が7人と多くなっています。

8位は立命館大学で36人。代表格がクボタスピアーズ船橋・東京ベイのトライゲッターとして今季ブレイク中の木田晴斗。

9位は流通経済大学で34人。海外出身選手が多く、代表格は横浜キヤノンイーグルスのイノケブルア。

10位は大東文化大学で31人。昨年調査時にはトップ10に入っていませんでしたが数字を伸ばしランクイン。ブラックラムズ東京の南昂伸、ブレイブルーパス東京の小山大輝などスクラムハーフに好選手。

ちなみに11位は法政大学で28人。1シーズン目の調査では大東文化より上でしたが抜かれてしまいました。

今回のランキング、まず帝京の強さが圧倒的でした。また今年の大学選手権決勝でも早稲田を73-20と記録的なスコアで圧勝し、優勝しています。中心選手に下級生も多く、彼らが順当にリーグワンに進めば、来年・再来年とさらに帝京出身者は増えていくでしょう。

2位の明治も固そうです。今年高校ラグビー2冠を達成した報徳学園の主力が多数進学するようで、変わらず人材が豊富です。

地域別に見ると高校ランキングは近畿勢はじめ西日本の学校が強い"西高東低"でしたが、大学ではトップ10中7校が関東県と"東高西低"と真逆の構図になっていました。ただその中で天理大学は高校に続いて5位以内に入るなど存在感を放っていました。

本記事公開にあたり昨年版【https://leadrugby.com/archives/295】は非公開としリダイレクト処理をしています。

オススメ記事

1

冬の花園、過去5大会で3度の全国優勝。高校ラグビー界で"東のヨコヅナ"という異名を持つ東日本屈指の強豪校、桐蔭学園の勢いが止まらない。「名将論。」第2回のゲストは、コーチ時代も含め約30年に渡って同校 ...

2

3シーズン目を迎えるリーグワン。今年はワールドカップイヤー。フランス大会決勝でも火花を散らした、南アフリカ・ニュージーランドのスター選手が続々と参戦しリーグに彩りを添える。両国選手を中心に、ファン必見 ...

3

リーグワンDIVISION1~3全チームの新加入・退団選手をまとめている。 新加入選手については、2023-24シーズンから加入する選手と、2024年春卒業予定の大卒ルーキー、2023春卒業の新人選手 ...

-データを読む, リーグワン, 大学
-,

リードラグビー