高校

【花園】「一番前に出れる」モールで長崎北陽台が3トライ。最後は尾道のPGが外れ劇的な幕切れに

2023年1月1日

【花園】「一番前に出れる」モールで長崎北陽台が3トライ。最後は尾道のPGが外れ劇的な幕切れに

1月1日の全国高校ラグビー大会「花園」3回戦。長崎北陽台(長崎)対尾道(広島)のマッチレポート。Bシードの北陽台がノーシードの尾道に最後の最後まで苦しめられたものの、FWのモールで強さを発揮し17-15と辛くも逃げ切りました。

シックスネーションズ・スーパーラグビー
「WOWOW」なら全部観れる!

【1ヶ月無料】今すぐ申し込む

快進撃の尾道が開始10分で10点を先制

2回戦でBシードの常翔学園(大阪第2)を撃破し3回戦にすすんできた尾道。勢いそのままに、前半10分までにCTB佐藤楓斗が連続2トライを奪う。

そこから北陽台が、平均体重96キロの重量級FWが厚みのあるモールで反撃。身長190センチの亀井秋穂が高いラインアウトキャッチから強い塊を形成。その得意の形で、前半終了間際、後半7分、後半14分と3トライを奪います。

尾道も後半1トライをあげ、スコアは17-15と北陽台わずか2点リードのまま後半30分へ。北陽台はゴール前で痛恨のペナルティ。PGを決められれば逆転負けという絶対絶命の場面で、尾道のキックはわずかにポスト右に逸れ、そのまま試合終了。

劇的な幕切れで北陽台がベスト8進出を決めました。

「一番前に出れる」モールで押し切った北陽台

試合後北陽台の品川英貴監督はモールにこだわった選択について「ボールを展開しても落ち着かない展開だったので、一番前に出れるモールを選んだ」と語りました。

「特別な練習はしていない、練習も週2回程度」と語るモールですが、その破壊力は大会屈指。準々決勝以降も猛威を発揮しそうです。

尾道も「ディフェンスと接点のブレイクダウンでしっかり体を当ててくる、手強かった。機動力もあった」と品川監督が振り返った通り、鍛えられたラグビーを見せ、締まった好戦となりました。

PICKUP

1

いよいよ12月17日に2シーズン目が開幕する日本ラグビー最高峰「リーグワン」。昨シーズンに引き続き強力な外国人選手が集結しています。今シーズンは、南アフリカ代表を筆頭に南半球出身の有力選手がズラリ。そ ...

オーストラリア高校代表に選ばれたヘル 2

各国から実力者が集う、リーグワンでひときわ大きなインパクトを残している選手が、クボタスピアーズに所属するオペティ・ヘル。トンガ出身のプロップで、巨体を活かした豪快な突進でスタジアムを沸かせています。 ...

3

2季目を迎えるラグビーの最高峰リーグ「リーグワン」が12月17日(土)に開幕。DIVISON1~3全試合の日程・結果・TV放送(地上波含む)をまとめます。 ※ページは随時更新 DIVISION1日程・ ...

-高校
-,