ニュース 高校

【センバツ】大阪桐蔭が11年ぶりの優勝!石見智翠館に圧勝 失トライは5試合でわずかに2つ

【センバツ】大阪桐蔭が11年ぶりの優勝!石見智翠館に圧勝 失トライは5試合でわずかに2つ

写真:日本協会

3月30日、熊谷ラグビー場で行われた第25回全国高校ラグビー選抜大会決勝戦で、大阪桐蔭(大阪)が石見智翠館(島根)を55-3で下した。

大阪桐蔭は前半を15-3とリードして折り返すと、後半も勢いそのままに得点を重ね、石見智翠館を圧倒。途中出場の身長180cm体重82kgの大型バックス、竹之下誠仁もダイナミックな走りで2トライをあげた。

最終的に52点差をつける完勝で、2013年の第14回大会以来11年ぶりの優勝を果たした。今大会、大阪桐蔭はディフェンスが鉄壁。1回戦から全5試合で奪われたトライはわずかに2つ、平均失点は3点台だった。準決勝で圧倒的な攻撃力を誇る桐蔭学園(神奈川)も1トライに封じて、13-7のロースコアで勝利していた。

冬の花園でその壁をこじ開けるべく、他の強豪校もこれから強化をすすめてくるだろう。桐蔭学園はリベンジなるか、今大会1回戦で敗れる波乱があった東福岡はどう巻き返すか…今年の高校ラグビーは例年にない混沌とした状況になりそうだ。

オススメ記事

1

冬の花園、過去5大会で3度の全国優勝。高校ラグビー界で"東のヨコヅナ"という異名を持つ東日本屈指の強豪校、桐蔭学園の勢いが止まらない。「名将論。」第2回のゲストは、コーチ時代も含め約30年に渡って同校 ...

2

3シーズン目を迎えるリーグワン。今年はワールドカップイヤー。フランス大会決勝でも火花を散らした、南アフリカ・ニュージーランドのスター選手が続々と参戦しリーグに彩りを添える。両国選手を中心に、ファン必見 ...

3

リーグワンDIVISION1~3全チームの新加入・退団選手をまとめている。 新加入選手については、2023-24シーズンから加入する選手と、2024年春卒業予定の大卒ルーキー、2023春卒業の新人選手 ...

-ニュース, 高校
-,

リードラグビー