リーグワン

【リーグワン】今季から「アーリーエントリー」で卒業前の大学選手が出場可能に!

2023年1月10日

【リーグワン】今季から「アーリーエントリー」で卒業前の大学選手が出場可能に!

写真:Unsplash

シックスネーションズ・スーパーラグビー
「WOWOW」なら全部観れる!

【1ヶ月無料】今すぐ申し込む

2022-23シーズンから導入された「アーリーエントリー」とは?

リーグワンでは2022-23シーズンから「アーリーエントリー」制度が導入されています。

「アーリーエントリー」はもともとアメリカプロバスケットボールNBAの仕組みとしてあり、日本でもbjリーグ・Wリーグなどで導入されていましたが、ラグビー界もそれにならった形です。

簡単に言えば、大学4年生でリーグワンチームに内定してる選手は、大学選手権が終われば卒業前でもリーグワンの試合に出れる、というルールです。

正確なリーグの定義は以下。

若手選手の強化・育成の観点から、大学チームで選手登録し、大学最終学年に所属している選手のうち、ジャパンラグビー リーグワン参加チームに所属が内定している選手について、所定の手続き後、当該年度の全国大学ラグビーフットボール選手権終了後からジャパンラグビー リーグワン公式戦に試合エントリーできる制度

NTTジャパンラグビー リーグワン2022-23 大会概要およびアーリーエントリーについて

基本的にはこの時期であれば学校の単位は取得済み、あとは卒業論文を出すだけという学生が多いはずで、学業との両立も難しくはないのでしょう。

早速、大学選手決勝の翌日から、リーグワン各チームが大卒ルーキーの入団を発表。

該当選手は「2023新人ER」というラベルで移籍情報ページに追加しています→DIVISION1DIVSION2 ※DIVSION3は1/10時点で加入リリースなし

彼らは理論上、今週末の試合から出場が可能になります。例えば8日の大学選手権決勝戦に早稲田の12番として先発出場した吉村紘選手は、NECグリーンロケッツ東葛への加入が発表。わずか6日後14日の試合にグリーンのジャージーを着て出場する可能性も?

”現役大学生"のプレーもリーグワンの見どころになります。

なお、今タイミングで発表されている大卒ルーキーが全てアーリーエントリーというわけではなく、静岡ブルーレヴズのようにアーリーエントリー扱いしていないチームもあります。

PICKUP

1

いよいよ12月17日に2シーズン目が開幕する日本ラグビー最高峰「リーグワン」。昨シーズンに引き続き強力な外国人選手が集結しています。今シーズンは、南アフリカ代表を筆頭に南半球出身の有力選手がズラリ。そ ...

オーストラリア高校代表に選ばれたヘル 2

各国から実力者が集う、リーグワンでひときわ大きなインパクトを残している選手が、クボタスピアーズに所属するオペティ・ヘル。トンガ出身のプロップで、巨体を活かした豪快な突進でスタジアムを沸かせています。 ...

3

2季目を迎えるラグビーの最高峰リーグ「リーグワン」が12月17日(土)に開幕。DIVISON1~3全試合の日程・結果・TV放送(地上波含む)をまとめます。 ※ページは随時更新 DIVISION1日程・ ...

-リーグワン
-