リーグワン

サニックスは撤退、NTTは再編。リーグワン参加チームの来季動向まとめ

サニックスは撤退、NTTは再編。リーグワン参加チームの来季動向まとめ

現在リーグワンに参加する、サニックスとNTTで再編の動きがあるのでまとめます。

宗像サニックスブルースが2022年5月末で活動休止

▲3月30日にサニックスが発表したプレスリリース

DIVISION1に所属する宗像サニックスブルースが、今シーズン限りでの活動休止を発表。その理由について、チームのリリースでは「現下の経営環境を総合的に判断した結果」と触れられています。

サニックスの創部は1994年。西日本社会人Aリーグで4連覇を達成した経験もある名門チームです。また、世界の高校チームを招いた「サニックスワールドユース」も毎年開催するなど、普及にも力を入れていました。

チームは2022年5月末を持って活動休止。サニックスはチーム譲渡の可能性も探っており、別法人に買収される可能性も残しています。

→6/14追記 結局譲渡先は決まらず事実上の廃部となってしまいました。


【PR】株式会社ジェイ・スポーツ

6~7月の日本代表戦放送
学生ならさらに半額

JSPORTSオンデマンド


「NTTドコモ」「NTTコム」2チームが来季から再編

リーグワンには、NTTグループが抱えるチームがDIVISION1に2つあります。1つが、NTTドコモが親会社で所属するNTTドコモレッドハリケーンズ大阪。もう1つが、NTTコミュニケーションズが親会社のNTTドコモシャイニングアークス東京ベイ浦安です。

 

NTTグループは7月1日に、ドコモ40%、NTTコム40%、NTT20%の出資割合で事業会社を設立。その事業会社が、NTTドコモシャイニングアークス東京ベイ浦安のチームを引き継いだチームを運営するようです。

一方、NTTドコモレッドハリケーンズ東京大阪も7月1日から再スタート。「ドコモとNTTコム両社の新たなシンボルチームとして社員選手等で構成されたチームを組成する」とチーム目標に記載があり、アマチュアチームとしての色が濃くなりそうです。

オススメ記事

1

冬の花園、過去5大会で3度の全国優勝。高校ラグビー界で"東のヨコヅナ"という異名を持つ東日本屈指の強豪校、桐蔭学園の勢いが止まらない。「名将論。」第2回のゲストは、コーチ時代も含め約30年に渡って同校 ...

2

リーグワンDIVISION1~3全チームの新加入・退団選手をまとめている。 新加入選手、退団選手ともに2024年中にリリースがあった選手名を記載している。2024-25シーズンからの新規参入チーム、ル ...

-リーグワン
-, ,

リードラグビー