ワールドカップ 海外

【フランスW杯】日本戦の"ヘディング"は「練習したのさ」「ブライトンにインスピレーションを…」仰天タネ明かし

2023年9月19日

【フランスW杯】日本戦の"ヘディング"は「練習したのさ」「ブライトンにインスピレーションを…」仰天タネ明かし

画像:DALL·E 2

先日のワールドカップ日本対イングランド戦では、珍しいシーンがあった。後半、日本陣内に攻め込んだイングランドはボールを展開するも、キャッチがうまく行かず前にこぼれる。ノックオンの反則に見えたが、ボールが手ではなく頭に当たっているからOK、というジャッジ。

日本選手が虚をつかれた間に、こぼれたボールをインゴールまで運ばれトライとなった。1点差で日本が食らいついていた場面で、ここからスコアを離されてしまった。

この"ヘディングアシスト"を決めたイングランドPRマーラーは試合後、英メディア「Sky Sports」のインタビューにこう答えた。

「(ヘディングのジェスチャーをしながら)あれは、(同じFW第一列の)デーン・コールとジェイミー・ジョージとホテルで練習したのさ」とした上で、

「マンチェスター・ユナイテッドを粉砕した"シーガルズ"(英プレミアリーグ・ブライトンの愛称)、(同チーム監督)ロベルト・デ・ゼルビからインスピレーションを受けてね」と、三笘薫が所属し日本での知名度も高いサッカーチームの戦いから着想を得たと明かした。マーラーはブライトンの本拠地近くの出身で、同チームサポーターのようだ。

日本戦の前日、ブライトンはマンチェスター・ユナイテッドを3-1で撃破。ただ、ハイライトを確認するとヘディングゴールはなかった…。嘘か真か、いずれにせよこの個性派PRの想定外のプレーに日本はしてやられてしまった。

オススメ記事

1

冬の花園、過去5大会で3度の全国優勝。高校ラグビー界で"東のヨコヅナ"という異名を持つ東日本屈指の強豪校、桐蔭学園の勢いが止まらない。「名将論。」第2回のゲストは、コーチ時代も含め約30年に渡って同校 ...

2

3シーズン目を迎えるリーグワン。今年はワールドカップイヤー。フランス大会決勝でも火花を散らした、南アフリカ・ニュージーランドのスター選手が続々と参戦しリーグに彩りを添える。両国選手を中心に、ファン必見 ...

3

リーグワンDIVISION1~3全チームの新加入・退団選手をまとめている。 新加入選手については、2023-24シーズンから加入する選手と、2024年春卒業予定の大卒ルーキー、2023春卒業の新人選手 ...

-ワールドカップ, 海外
-, ,

リードラグビー