ワールドカップ 日本代表

【フランスW杯】イングランド戦、日本代表メンバーの評価は?出場選手の採点

2023年9月18日

【フランスW杯】イングランド戦、日本代表メンバーの評価は?出場選手の採点

ラグビー日本代表は9月18日、フランスワールドカップのプールD第2戦でイングランドと激突した。残念ながら試合には12-34で敗れたが、各選手のパフォーマンスは?出場選手の採点(10点満点)を公開する。

出場選手採点

稲垣啓太 6.0
痛めたか、フィールドプレーで鈍さが見受けられた。

堀江翔太 5.5
ラインアウトのスロワーとして課題が残った。

具智元 7.0
前半40分間にわたり、スクラムの安定に貢献。

ジャック・コーネルセン 6.0
セットプレーとアタックで存在感を示せなかった。

アマト・ファカタヴァ 6.5
決定的なタックルでゲームに緊張感を残した。

リーチ マイケル 5.5
ラインアウトジャンパーとしての役割を果たせなかった。

ピーター・ラブスカフニ 7.0
両チーム最多の19タックル、体を張った。

姫野和樹 7.5
力強い突進とジャッカルが戻ってきた。前半特に良かった。

流大 7.5
集中力感じるプレー。キックの精度も良かった。

松田力也 7.5
ラインコントロール、キック、DFと冴えわたった。

ジョネ・ナイカブラ 6.0
もう少しボールを持ちたかった。

中村亮土 7.0
キレのある動きが戻ってきた。タックル◯

長田智希 6.5
経験値に差はあったが1対1で負けず食い込んだ。

松島幸太朗 7.5
両チーム最長のランメーターで存在感を放った。

セミシ・マシレワ 3.0
試合開始早々のイージーミスと負傷は、チームにとって大きな損失に。

坂手淳史 -
出場時間短く採点不能。

クレイグ・ミラー 6.5
相手の落球を誘うタックルを見せた。

ヴァルアサエリ愛 5.5
スクラムで重圧受け、ハンドリングエラーも。

ワーナー・ディアンズ -
出場時間短く採点不能。

下川甲嗣 -
出場時間短く採点不能。

齋藤直人-
出場時間短く採点不能。

ディラン・ライリー7.5
お手本のようなタックル、ランでも抜け出した。

レメキロマノラヴァ 5.5
動きは良かったがディフェンスが脆かった。

オススメ記事

1

冬の花園、過去5大会で3度の全国優勝。高校ラグビー界で"東のヨコヅナ"という異名を持つ東日本屈指の強豪校、桐蔭学園の勢いが止まらない。「名将論。」第2回のゲストは、コーチ時代も含め約30年に渡って同校 ...

2

3シーズン目を迎えるリーグワン。今年はワールドカップイヤー。フランス大会決勝でも火花を散らした、南アフリカ・ニュージーランドのスター選手が続々と参戦しリーグに彩りを添える。両国選手を中心に、ファン必見 ...

3

リーグワンDIVISION1~3全チームの新加入・退団選手をまとめている。 新加入選手については、2023-24シーズンから加入する選手と、2024年春卒業予定の大卒ルーキー、2023春卒業の新人選手 ...

-ワールドカップ, 日本代表
-,

リードラグビー