リーグワン

【リーグワン】オペティ・ヘル、圧巻の突破力でトライ「3キロ減った」シェイプアップし日本代表への道切り拓く

2023年12月12日

【リーグワン】オペティ・ヘル、圧巻の突破力でトライ「3キロ減った」シェイプアップし日本代表への道切り拓く

写真:©JRLO

プロップ・オブザ・マッチ

リーグワンDIVISION1開幕節。王者クボタスピアーズ船橋・東京ベイは、東京サントリーサンゴリアスに26-52で敗れたが、先発出場したこの人は見せ場をつくった。

オペティ・ヘル。身長190cm、体重は130kg近くという規格外のサイズを誇るオーストラリア出身のプロップだ。居住年数の条件を満たしたことで、今季からいわゆる”外国人選手枠”を外れ、日本代表資格を持つカテゴリAでプレーする。

7-35とビハインドで迎えた後半の入り。ヘルの突進に会場がどよめいた。中盤でボールを持つと、リーグ随一のハードタックラーとして知られる相手FL山本凱を弾き、さらに2~3人を巻き込んで一気に相手陣内22m手前まで迫る。そして直後のラインアウトからこぼれ球を拾って、インゴールへ。SO高本幹也を正面からはねのけ、反撃ののろしを上げるチーム2トライ目をあげた。

試合後のミックスゾーンで本人にコメントをもらったが「体重は3キロ減った」とのことで、昨シーズンに比べてシェイプアップ、持ち前の瞬発力がさらにアップしているようだ。

課題は「良くなかった」と苦い顔をしたスクラムワークだ。この試合、ヘル側のスクラムが潰れる場面が何度かあり、ペナルティーもとられてしまった。

相手スクラムを束ねたサンゴリアスのHO堀越康介は「相手は大きかったので力を100%出されないように、キュッと詰めた」、ヘルを攻略した対面のPR小林賢太は「堀越さんといいコネクションがとれた。相手を窮屈にするスクラムを組めた」と話す。コンパクトにまとまったスクラムに上手く対処された。

ヘルはこの試合、自身の強みである突破力とトライ能力を存分に発揮した。日本代表への夢を叶えるためには、残りのリーグ戦でスクラムでも前に出てアピールしたい。

オススメ記事

1

冬の花園、過去5大会で3度の全国優勝。高校ラグビー界で"東のヨコヅナ"という異名を持つ東日本屈指の強豪校、桐蔭学園の勢いが止まらない。「名将論。」第2回のゲストは、コーチ時代も含め約30年に渡って同校 ...

2

3シーズン目を迎えるリーグワン。今年はワールドカップイヤー。フランス大会決勝でも火花を散らした、南アフリカ・ニュージーランドのスター選手が続々と参戦しリーグに彩りを添える。両国選手を中心に、ファン必見 ...

3

リーグワンDIVISION1~3全チームの新加入・退団選手をまとめている。 新加入選手については、2023-24シーズンから加入する選手と、2024年春卒業予定の大卒ルーキー、2023春卒業の新人選手 ...

-リーグワン
-, , , ,

リードラグビー