マッチレポート リーグワン

【リーグワン】昨季ファイナルのカードはワイルドナイツに軍配!バックスで全8トライ スピアーズは終盤若手が奮闘するも…

【リーグワン】昨季ファイナルのカードはワイルドナイツに軍配!バックスで全8トライ スピアーズは終盤若手が奮闘するも…

写真:©JRLO

昨季のリーグワンファイナルの好カードが再び実現した。3月22日に秩父宮ラグビー場で行われたDIVISION1第11節、クボタスピアーズ船橋・東京ベイ対埼玉パナソニックワイルドナイツの一戦は、55-22という大差でワイルドナイツが制した。

試合は開始4分、スピアーズFB島田悠平が先制のペナルティゴールを決めて幕を開けた。しかしその後はワイルドナイツの圧倒的な攻勢に。第4節以来の出場となったWTB竹山晃暉がトライを決めるなど、前半だけで4トライを奪う。

後半に入ってもワイルドナイツの勢いは止まらず、さらに4トライを追加。後半34分には弟・京平がトライ→兄・拓也がゴールを決める"山沢兄弟7得点"も。

最終的に55得点を挙げる大勝となった。ワイルドナイツはバックスが全8トライ。個々のタレント、一瞬でトライを取りきる力はリーグの中で頭ひとつ抜けている。

スピアーズはボールを持つとSO岸岡智樹を中心にキックを多用し、まず陣地を取りにいく戦略をとった。しかし相手にボールを渡した後に上手くチャンスをつくれず、ファーストトライが生まれたのは後半24分になってからだった。途中交代で入った、HO江良颯、FLアシペリ・モアラら若手が続いてトライをとったのは次につながる。

スピアーズの立川主将は「ブレイクダウン周りのプレッシャーだったり、プレッシャーを受けている中でアタックができなかったのは改善点」と反省の弁。一方で後半の勢いをつくった若手フロントローの頑張りを評価した。

ワイルドナイツはこれで開幕から無傷の11連勝。一方スピアーズは5勝6敗と負け越しに。

オススメ記事

1

冬の花園、過去5大会で3度の全国優勝。高校ラグビー界で"東のヨコヅナ"という異名を持つ東日本屈指の強豪校、桐蔭学園の勢いが止まらない。「名将論。」第2回のゲストは、コーチ時代も含め約30年に渡って同校 ...

2

3シーズン目を迎えるリーグワン。今年はワールドカップイヤー。フランス大会決勝でも火花を散らした、南アフリカ・ニュージーランドのスター選手が続々と参戦しリーグに彩りを添える。両国選手を中心に、ファン必見 ...

3

リーグワンDIVISION1~3全チームの新加入・退団選手をまとめている。 新加入選手については、2023-24シーズンから加入する選手と、2024年春卒業予定の大卒ルーキー、2023春卒業の新人選手 ...

-マッチレポート, リーグワン
-, , , ,

リードラグビー