ワールドカップ 日本代表 書籍を読む

「ちょっと背負っているのかな」ラグビー日本代表 姫野主将の気負いを廣瀬俊朗氏が指摘

【読者投票】

今年のリーグワン優勝チームを予想してください

View Results

Loading ... Loading ...
「ちょっと背負っているのかな」ラグビー日本代表 姫野主将の気負いを廣瀬俊朗氏が指摘

写真:編集部

ラグビーワールドカップ2023がいよいよ9月8日に開幕する。日本代表は7月~8月で1勝5敗と苦戦(※正式なテストマッチではない、オールブラックスXV2連戦含む)したが、果たして本番ではどんな戦いを見せるだろうか。ラグビー元日本代表でキャプテンも務めた、廣瀬俊朗氏は新刊『ラグビー質的観戦入門』刊行記念トークショーで、現在の日本代表へのアドバイスや期待を語った。

バックスの意思統一に課題がある

廣瀬氏は直近の戦いを見て、スクラムが安定してきたフォワードを評価する一方、バックスの意思統一に課題があると見ているようだ。イタリア戦の終盤を振り返って、

「スクラムからのスペシャルプレーのチョイス、その後の中村亮土の(DFの裏を狙った)キック。ちょっと粗いですよね。中村亮土のキックも決め打ちぽかったですけど、外にスペースがありました。また、ウィングの選手がもっと声を出せればキックパスという選択肢もあったかもしれない」

イタリア戦ではゴールキックも決まらなかった。李承信と松田力也という二人の司令塔がキッカーを務めたが、6本蹴って成功はわずか2本だった。

「あれだけ外していたら勝てない。頑張ってもらいたい。五郎丸さんも試合後怒りのLINEを送ってきました(笑)」


【PR】株式会社ジェイ・スポーツ

リーグワンが観放題!
学生ならさらに半額

JSPORTSオンデマンド


姫野主将は「ちょっと背負っているのかな」

同じ代表主将経験者として、姫野和樹のパフォーマンスも気にかけていた。

「頑張っているけど、一選手だったときのインパクトがないんですよね。イタリア戦の序盤でタックルされて仰向けにされたのは、これまであまり見ないシーンでした。ちょっと背負っているのかな、と。もっと周りの選手がサポートできれば、彼もダイナミックにプレーできるようになるはず」

時間が限られている中で今求められてることは。

「(キャプテンが決まってからW杯まで1ヶ月足らず)今回はキャプテンとして、どういうことを考えているのかを伝える時間が短いと思います。ディスカッションしながら、チームのありたい姿をどこまで描けるか。みんなが本音で言い合えているのかも大事だと思います」

姫野主将にはキャプテンとしてチームを引っ張って欲しいし、一選手としても自分らしくプレーして欲しい。廣瀬氏から届いたエールに応えて、日本代表はワールドカップでどんな奇跡を起こすだろうか。

created by Rinker
¥990 (2024/05/18 00:14:15時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ記事

1

冬の花園、過去5大会で3度の全国優勝。高校ラグビー界で"東のヨコヅナ"という異名を持つ東日本屈指の強豪校、桐蔭学園の勢いが止まらない。「名将論。」第2回のゲストは、コーチ時代も含め約30年に渡って同校 ...

2

3シーズン目を迎えるリーグワン。今年はワールドカップイヤー。フランス大会決勝でも火花を散らした、南アフリカ・ニュージーランドのスター選手が続々と参戦しリーグに彩りを添える。両国選手を中心に、ファン必見 ...

3

リーグワンDIVISION1~3全チームの新加入・退団選手をまとめている。 新加入選手については、2023-24シーズンから加入する選手と、2024年春卒業予定の大卒ルーキー、2023春卒業の新人選手 ...

-ワールドカップ, 日本代表, 書籍を読む
-, ,

リードラグビー