ニュース リーグワン

【リーグワン】ブルーレヴズ矢富勇穀150キャップ達成!「39歳のおじさんを飽きずに応援してくれて…」感謝の言

【読者投票】

今年のリーグワン優勝チームを予想してください

View Results

Loading ... Loading ...
【リーグワン】ブルーレヴズ矢富勇穀150キャップ達成!「39歳のおじさんを飽きずに応援してくれて…」感謝の言

写真:©JRLO

リーグワン静岡ブルーレヴズの矢富勇毅が、12節の三重ホンダヒート戦で公式戦通算150キャップを達成した。

早稲田大学を経て、ブルーレヴズの前身であるヤマハ発動機ジュビロに入団。ブルーのジャージーを身にまとってピッチに立ち続けてきた。ボールを積極的に持ち出す超攻撃的スクラムハーフとして、日本代表・サンウルブズでの活躍が記憶に焼き付くファンも多いだろう。

150キャップ目は22番を着てリザーブ出場からの達成となった。「(リザーブ出場からの記念試合)なかなかないですよね。思い出に残る試合になりました。まあ100キャップの時もフェイスガードを着けてましたけど(笑)」

ファンに向けては「こんな39歳のおじさんを飽きずに応援してくれて…」と感謝の言。ヒート戦での勝利でチームはリーグワンになってからの初の3連勝。プレーオフ進出のため「残りの4試合も全部勝ちます」と、7連勝を力強く宣言した。

昨シーズンは6試合、今シーズンはすでに9試合出場。39歳にして昨シーズンよりも出場機会を増やしている。成長を感じるところは。

「ハーフに求められる技術、ゲームコントロールの部分…藤井監督はじめ新しいスタッフ陣からこれまでにない刺激をもらっています。チームが上手くいくために何が必要か、どうすればチームの歯車になれるかを考えていますね。頭の面では成長できていると思います」と語った。

▲試合終了後には家族から花束がプレゼント
写真:©JRLO

オススメ記事

1

冬の花園、過去5大会で3度の全国優勝。高校ラグビー界で"東のヨコヅナ"という異名を持つ東日本屈指の強豪校、桐蔭学園の勢いが止まらない。「名将論。」第2回のゲストは、コーチ時代も含め約30年に渡って同校 ...

2

3シーズン目を迎えるリーグワン。今年はワールドカップイヤー。フランス大会決勝でも火花を散らした、南アフリカ・ニュージーランドのスター選手が続々と参戦しリーグに彩りを添える。両国選手を中心に、ファン必見 ...

3

リーグワンDIVISION1~3全チームの新加入・退団選手をまとめている。 新加入選手については、2023-24シーズンから加入する選手と、2024年春卒業予定の大卒ルーキー、2023春卒業の新人選手 ...

-ニュース, リーグワン
-,

リードラグビー