日本代表 海外ラグビー

10.29 日本代表と激突!オールブラックス「要注意選手」はこの5人

2022年10月27日

10.29 日本代表と激突!オールブラックス「要注意選手」はこの5人

写真:森田直樹/アフロスポーツ

10月29日、ラグビー日本代表はニュージーランド代表「オールブラックス」と東京・国立競技場でテストマッチを戦います。直近世界ランキングをやや落としているものの、ワールドカップ最多優勝3回を誇る”最強の相手”であることに変わりはありません。一人ひとりが高い能力を持つ、スター軍団。その中でもとくに警戒すべきは。先発メンバーの中から「要注意選手」をラグビーライターの多羅正崇氏が5人ピックアップ。

オールブラックス「要注意選手」はこの5人

①ブロディー・レタリック

まず、名前があがったのがロックのブロディ・レタリック。

代表ロックの座に10年座る”ミスターオールブラックス”と言える選手の一人です。積み重ねた代表キャップ98は先発メンバーの中で最も多い数字。204センチ123キロの巨体をいかしてラインアウト、モールの核に。その存在でチームのパワーが一段階引き上がるような選手です。メンタリティも一流。レタリックを先発させることに、オールブラックスの本気が伝わってきますね」

ハイライト映像

②シャノン・フリゼル

フォワードからはもう1選手、フランカーのシャノン・フリゼル。

「フランカーを守備型と攻撃型に大別するなら、彼は後者。所属チームのハイランダーズでも彼が攻撃の主役の一人になっています。スピードがあり、さらにオフロードパスの名手。高い身体能力とスキルを兼ね備えています。ウィングのポジションに入り、195センチの長身をいかしてキックパスの受け手になることもできます。日本にはいないタイプの危険な選手です。とにかく彼を前に出してはいけません」

インタビュー映像

③リッチー・モウンガ

続いてバックスから3選手あげていただいた。まず、スタンドオフのリッチー・モウンガ。

「経験豊富な”オールブラックスの10番”です。176センチ83キロと日本人選手と変わらない体格ですが、基本プレーの精度が究極的に高い。パス・キックはもちろん、際立っているのがラン。ディフェンスのほんの小さなギャップも見逃さず、切り裂いていく。瞬発的なラインブレイク力はボーデン・バレットよりも上です。ゲームコントロールも素晴らしい。今回、バックスはキャップ数が少ない選手も多いですが、若手が慌てることがあってもしっかり彼が”やるべきこと”を遂行し、落ち着かせるでしょう」

ハイライト映像

④ロジャー・トゥイヴァサ=シェック

もう1選手はセンターのロジャー・トゥイヴァサ=シェック。

サモア出身で13人制ラグビーからの転向選手です。プレーの特徴は、攻撃では切れ味鋭いステップと、抜け出したらトライを取りきるスピード。また守備では13人制出身らしく正面から止める強いタックルが武器。日本代表の対面・中村亮土とのマッチアップは注目です。日本戦はワールドカップ前の貴重なアピールの場。彼にとってはキャリアの”勝負所”であり全力でくるでしょう」

ハイライト映像(13人制時代)

⑤セブ・リース

最後はウィングのセブ・リース。

「ボールを持ったら必ずギャップをつくりトライまでもっていく"フィニッシャーらしいフィニッシャー”です。所属チームのクルセイダーズでもトライを量産し、今シーズンの10トライはリーグ(スーパーラグビー・パシフィック)1位タイ。クリーンブレイクの数も1位です。フィジー出身らしいしなやかなステップワークと、ボールを活かす体の使い方も巧み。先にあげたモウンガとはクルセーダーズでチームメイトで、“阿吽の呼吸”での仕掛けも日本は警戒したいところです」

ハイライト映像

オールブラックス 試合メンバー一覧

背番号ポジション名前所属チーム身長(cm)体重(kg)キャップ数
1PRジョージ・バウアークルセイダーズ18311519
2HOデーン・コールズハリケーンズ18411084
3PRネポ・ラウララブルーズ18411642
4LOブロディー・レタリックチーフス20412398
5LOトゥポウ・ヴァアイチーフス19811815
6FLシャノン・フリゼルハイランダーズ19510821
7FLサム・ケイン ※キャプテン チーフス18910385
8NO8ホスキンス・ソトゥトゥブルーズ19210612
9SHフィンレー・クリスティーブルーズ1778212
10SOリッチー・モウンガクルセイダーズ1768341
11WTBケイレブ・クラークブルーズ18410711
12CTBロジャー・トゥイヴァサ=シェックブルーズ182962
13CTBブレイドン・エノークルセイダーズ187945
14WTBセヴ・リースクルセイダーズ1798721
15FBスティーブン・ペロフェタブルーズ181851
16HOサミソニ・タウケイアホチーフス18311517
17PRオファ・トゥウンガファシブルーズ19512248
18PRティレル・ロマックスハリケーンズ19212720
19LOパトリック・トゥイプロトゥブルーズ19812044
20FL/NO8ダルトン・パパリイブルーズ19311318
21SHアーロン・スミスハイランダーズ17383111
22CTBデービッド・ハヴィリクルセイダーズ1848821
23CTBアントン・レイナート=ブラウンチーフス1859656

日本代表 試合メンバー一覧

背番号ポジション名前所属チーム身長(cm)体重(kg) キャップ
1PR稲垣啓太埼玉パナソニックワイルドナイツ18611639
2HO坂手淳史埼玉パナソニックワイルドナイツ18010427
3PR具智元コベルコ神戸スティーラーズ18412218
4LOワーナー・ディアンズ東芝ブレイブルーパス東京2011171
5LOジャック・コーネルセン埼玉パナソニックワイルドナイツ1951106
6FLリーチマイケル ※キャプテン東芝ブレイブルーパス東京18911372
7FL姫野和樹トヨタヴェルブリッツ18711222
8No.8テビタ・タタフ東京サントリーサンゴリアス18312410
9SH流大東京サントリーサンゴリアス1667527
10SO山沢拓也埼玉パナソニックワイルドナイツ176843
11WTBシオサイア・フィフィタ花園近鉄ライナーズ1871059
12CTB中村亮土東京サントリーサンゴリアス1829230
13CTBディラン・ライリー埼玉パナソニックワイルドナイツ1871024
14WTB松島幸太朗東京サントリーサンゴリアス1788744
15FB山中亮平コベルコ神戸スティーラーズ1889824
16HO日野剛志静岡ブルーレヴズ1721004
17PRクレイグ・ミラー埼玉パナソニックワイルドナイツ1861166
18PR竹内柊平NTTコミュニケーションズシャイニンズアークス183115-
19FL下川甲嗣東京サントリーサンゴリアス188105-
20No.8ファウルア・マキシクボタスピアーズ船橋・東京ベイ1871122
21SH齋藤直人東京サントリーサンゴリアス165736
22SO李承信コベルコ神戸スティーラーズ17685-
23WTBゲラード・ファンデンヒーファークボタスピアーズ船橋・東京ベイ1921023

PICKUP

オーストラリア高校代表に選ばれたヘル 1

各国から実力者が集う、リーグワンでひときわ大きなインパクトを残している選手が、クボタスピアーズに所属するオペティ・ヘル。トンガ出身のプロップで、巨体を活かした豪快な突進でスタジアムを沸かせています。 ...

-日本代表, 海外ラグビー
-, ,